Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

2012年パリ・モーターショー、BMW出展内容(概要)

本プレスキットの内容は、ドイツ国内市場向け(2012年9月時点)の仕様を基準として記載されており、その他の市場においては仕様、標準装備品、オプション設定などが異なる場合もあります。本プレスキットでは、車体寸法、エンジン出力などはBMW AG発表のデータとなるため、日本仕様とは異なる場合があります。なお、仕様は随時変更される可能性がありますので予めご了承ください。

BMW ConnectedDrive
·
C evolution
·
モーターショー
·
BMW
 

Press Contact.

Satoshi Hoshikawa
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8017
Fax: +81-3-6259-8009

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, ~241.98 KB)
  
Photos(117x, ~676.33 MB)
  
Videos(1x, ~99.84 MB)

2012年パリ・モーターショーでは、3モデルのコンセプト・カーが、サステイナビリティと駆けぬける歓びを兼ね備える未来への方向性を示します。さらにBMWは、さまざまな車両セグメントの最新モデルにおいて、効率性、プレミアム品質および革新技術に関して印象的なシグナルを発信します。またパリ・モーターショーでは、BMWコネクテッド・ドライブのイノベーションとBMW M Performanceアクセサリーも展示されます。 

 

BMW Concept Active Tourer (コンセプト・アクティブ・ツアラー) :革新の余地を拡大  

BMW Concept Active Tourerは、2012年パリ・モーターショーでワールド・プレミアを果たし、プレミアム・コンパクト・セグメントにおける新たなイノベーションについて初めて明らかにします。このコンセプト・カーでBMWは、インテリアと駆動コンセプトの両方において画期的なソリューションを示します。駆動コンセプトでは、快適性と機能性が動力性能とスタイリングに新しい方法で組み合わされ、プラグイン・ハイブリッドが最高水準の効率性を保証します。

全長4,350mmのスポーティなプロポーションと特徴的なラインを備えたこのコンセプト・カーは、新たな車両セグメントにBMW特有の美学をもたらします。高いシート位置、ドライバーおよび乗員のためのゆったりとしたスペース、自由に拡張できるラゲッジ・ルームがBMW BMW Concept Active Tourerのインテリアの特長です。インテリアは、プレミアム・カーの高品質な雰囲気を醸し出しながら、多彩な機能性と優れた走行快適性を融合させています。専用設計のBMW eDriveコンセプトが、このコンセプト・カーのダイナミックな特性を引き出します。このシステムは3気筒ガソリン・エンジンと1基の同期電気モーターで構成され、その合計出力は140kW[190ps]で、BMWコンセプトActive Tourerは静止状態から100km/hまで8秒未満で加速します。一方、平均燃費は100kmあたり2.5リッター未満で、CO2排出量は1kmあたり60g未満です。このプラグイン・ハイブリッド車のリチウムイオン・バッテリーは、通常のコンセントで充電でき、電気モーターのみでの走行時に30km以上の航続距離を達成できる容量を備えています。 

 

BMW 1 シリーズ: xDrive 、新たなディーゼル仕様のエントリー・レベル・モデルがワールド・プレミア  

パリでは、インテリジェントな4輪駆動システムのxDriveを搭載したBMW 1シリーズが初公開されます。フロントおよびリヤ・アクスル間に駆動トルクを可変配分するこのシステムは、このたび初めてコンパクト・モデルに採用されます。出展されるのは、市場導入される120d xDriveおよびBMW M135i xDriveの2モデルです。

2012年パリ・モーターショーには、新たなディーゼル仕様のエントリー・レベル・モデルであるBMW 114dも出展されます。BMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを搭載した1.6リッター4気筒エンジンは、最高出力70kW[95ps]を発生、平均燃費は100kmあたり4.1~4.3リッターです(数値はEUテスト・サイクルに基づくもので、選択したタイヤによって異なります)。これにより、5ドア仕様のニューBMW 1シリーズおよび3ドア仕様のニューBMW 1シリーズは、ブランド特有の駆けぬける歓びと模範的な効率性を兼ね備えたガソリン・エンジン搭載5モデルとディーゼル・エンジン搭載6モデルの中から選択できるようになりました。 

 

BMW i3 コンセプト:最後のディテールに至るまで最高のサステイナビリティ

BMW i3によって、自動車製造における新たな時代の到来が告げられます。これは、純粋な電気駆動システムおよびカーボンファイバー補強プラスチック製のパッセンジャー・セルだけによるものではありません。そのインテリア・デザインも、一貫してサステイナビリティを志向しています。2012年パリ・モーターショーで展示されるニュー・バージョンのBMW i3コンセプトには、これが明確に反映されています。例えば、ダッシュボードに使用されているユーカリ材はヨーロッパの持続可能な森林資源から得られたもので、天然の物質のみを使って処理されています。シートの高品質レザーは、オリーブの葉から抽出されたなめし剤を使った処理によって表面に上質な仕上がりがもたらされています。さらに、メーター・パネルおよびドア・トリムのパーツにはナチュラル・ウール織布が使用されています。

BMW C evolution :俊敏性と航続距離に対する最高の要求を満たす e スクーターのプロトタイプ

BMW Motorradも同様に、革新的な車両コンセプトを打ち出すことによって未来のアーバン・モビリティの課題に対応しています。BMW Motorradからも、同じくエレクトロモビリティの側面を取り入れたプロトタイプが2012年パリ・モーターショーに出展されます。BMW C evolutionの電気駆動システムは、従来型の内燃エンジンを搭載したマキシ・スクーターと同等の性能値を達成しています。連続出力11kW、最高出力35kWを発生する水冷式モーターは、この車両セグメントで卓越したライディング・プレジャーを実現するための完璧な条件を提供します。さらに、コンパクトなバッテリーは100kmを超える航続距離を実現し、家庭用のコンセントまたは公共の充電スタンドで充電することができます。これは、BMW C evolutionは主に日常の通勤のための車両として着想されたものの、アーバン・モビリティの境界を越えるに十分な装備を備えていることを意味しています。

この量産直前プロトタイプの駆動テクノロジーを開発するにあたってBMW Motorradは、エレクトロモビリティに関してBMWグループが有する確かな専門知識の恩恵を受けました。

ニュー BMW 7 シリーズ:より優れた走行快適性、より高い効率性、より多くのイノベーション

パリ・モーターショーのハイライトのひとつが、ニューBMW 7シリーズのヨーロッパ・プレミアです。BMWのこのフラッグシップ・モデルは、エクステリアおよびインテリア・デザインに変更を受けて公開されます。外観上最も顕著な変更はオプションのLEDヘッドライトで、同じくわずかに変更されたBMWラジエター・グリルの左右に配置されています。インテリアでは、新たな素材の使用と音響快適性の最適化によってさらにドライビング体験が向上しています。また、マルチファンクション・インスツルメント・ディスプレイ、コントロール・ディスプレイの3Dグラフィック表示、Bang & Olufsenハイエンド・サラウンド・サウンド・システムなど、数々の機能がドライビング・プレジャーをさらに高めています。

このラグジュアリー・セダンは、駆動テクノロジーの点でも飛躍的な進歩を遂げています。すべてのモデルに8速オートマチック・トランスミッションが標準装備され、ニューBMW 7シリーズの燃費および排出ガスは、搭載しているエンジンによって異なるものの、最大で25%低減されています。オートマチック・エンジン・スタート/ストップ機能、ブレーキ・エネルギー回生システム、ECO PROモード付きの第2世代のドライビング・エクスペリエンス・スイッチ、コースティング機能といったすべての機能が、さらなる燃費節減を実現しました。後輪駆動方式の全モデルに採用されているホイール・サスペンションおよび電気機械式ステアリングは、精密に最適化され、走行快適性を新たなレベルに引き上げています。リヤ・アクスルのセルフレベリング・エア・サスペンションも全モデルで標準装備となりました。

エンジンについて特筆すべきは、ニューBMW 750d xDriveに搭載された、世界で最もパワフルな直列6気筒ディーゼル・エンジンです。このパワー・ユニットにはトリプル・ターボチャージャーが搭載され、最高出力280kW[381ps]を発生し、このラグジュアリー・セダンを静止状態から100km/hまで4.9秒で加速します。

ニュー BMW 3 シリーズ:さらに多様化した模範的な効率

既に発売され、好評を博しているニューBMW 3シリーズ セダンの効率性は、新たに拡充されたエンジン・ラインナップによってさらに強化されました。ガソリン・エンジン仕様のエントリー・レベル・モデルとして、ニューBMW 316i セダンが導入されます。このモデルには、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジー搭載の新世代1.6リッター4気筒エンジンが採用され、最高出力100kW[136ps]を発生、また最大トルク220Nmを発揮します。ニューBMW 316i セダンには、標準で6速マニュアル・トランスミッション、オプションで8速オートマチック・トランスミッションが搭載されます。

さらに、BMWはパリ・モーターショーで、徹底的に効率を追求したガソリン・エンジンを搭載した初めてのモデルを発表します。このBMW 320i EfficientDynamics Edition セダンは、他のモデルと同じ燃費節減テクノロジーだけでなく、さらなるエアロダイナミクス技術や、専用のエンジン設定およびギア比を備えています。このモデルに採用されているBMWツインパワー・ターボ・テクノロジー搭載の2.0リッター・エンジンは、最高出力125kW[170ps]を発生します。BMW 320i EfficientDynamics Edition セダンは、静止状態から100km/hまで7.6秒で加速し、スポーティなスピリットと100kmあたり5.3リッターという平均燃費(EUテスト・サイクル)を両立しています。これにより、BMWの現行のモデル・ラインナップにおいて最も経済的なガソリン・エンジン・モデルとなっています。

BMW コネクテッド・ドライブ:ネットワーク化されたモビリティのためのイノベーション

ミュンヘンを拠点とする高級車メーカーのBMWは、BMW コネクテッド・ドライブへの継続的な機能追加により、ドライバー・自動車・外界のネットワーク化分野における先導的な役割をさらに強化しています。今回は、ドライバー・アシスタンス・システムおよびモビリティ・サービスが追加されました。新世代のナビゲーション・システム・プロフェッショナルは、機能を追加した3Dグラフィック表示、新たに最適化されたディスプレイおよび操作コンセプトにより、走行時における最高レベルの利便性を保証します。スピーチ・トゥ・テキスト認識を使った新たなディクテーション機能により、ドライバーは音声入力によってEメールおよびSMSを書くことができます。また、BMWカー・ホットスポット LTEが、インターネットによるモバイル・ネットワーキングについて新たな基準を打ち立てます。BMWは、自動車メーカーとして世界で初めて全モデルにこのテクノロジーを提供します。

新しい BMW M Performance アクセサリーがプログラムに追加

BMW M Performanceアクセサリーのモデル専用製品群により、モーター・レーシングへの情熱を本格的に表現することができます。2012年パリ・モーターショーでは、このプログラムからニューBMW 3シリーズ セダン専用設計の製品が初めて展示されます。3ドア仕様のBMW 1シリーズおよびニューBMW 3シリーズ ツーリング用に新開発された製品は、2012年秋に発売されます。駆動系、サスペンション、エアロダイナミクスおよびコックピット関連のレトロフィット用コンポーネントは、ドライビング・ダイナミクスを大きく強化するほか、エンジン出力、軽量化、空力特性の点についても大幅な改善を実現します。また、これらのコンポートは車両の外観とインテリアに対し、際立ってスポーティなアクセントを与えます。

 

Article Offline Attachments.

Article Media Material.

My.PressClub Login
 

BMW Group Streaming.

PARIS MOTOR SHOW.

Here you will see the on demand transmission of the BMW Group Conference.

open streaming site

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login