サポートが必要ですか? ご不明な点がございましたら、こちらから support.pressclub@bmwgroup.com 弊社サポートチームまでお問い合わせください。

PressClub Japan · 記事.

ニューBMW 4シリーズ クーペを発表

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: アラン・ハリス)は、「ニューBMW 4シリーズ クーペ」を、全国のBMW正規ディーラーにおいて本日より販売を開始すると発表した。

F32
·
BMW
·
クーペ
·
4 シリーズ
 

プレスコンタクト

MINI PR
BMW グループ

電話番号: 0120-3298-14

メールを送る

ダウンロード

  
添付資料(1x, ~166.23 KB)
  
画像(265x, ~824.52 MB)
  More below article text
  • 完璧なクーペのプロポーションを実現した、エレガントでダイナミックなエクステリア・デザイン。
  • 究極のドライビング・ダイナミクス: 低重心化や専用サスペンション・システムにより、さらにスポーティで俊敏なハンドリング性能を実現。
  • 「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」といった革新的ドライバー支援システムを標準装備し、優れた安全性を実現。

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: アラン・ハリス)は、「ニューBMW 4シリーズ クーペ」を、全国のBMW正規ディーラーにおいて本日より販売を開始すると発表した。

 

今回、スポーティでエレガントなデザインとダイナミックな運動性能により、長年にわたりミドル・クラスのプレミアム・クーペ・セグメントをリードしてきたBMW 3 シリーズクーペに代わり、新たにニューBMW 4シリーズ クーペが登場する。このニューBMW 4シリーズ クーペは、傑出した美しさと圧倒的なダイナミズムを融合したBMWの新たなクーペ・モデルである。

ニューBMW 4シリーズ クーペは、BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、そして、流れるようなルーフラインにより、完璧なまでに美しくエレガントなプロポーションを形成している。また、先代BMW 3シリーズ クーペに比べ、全高が25mm低くなるとともに、前後のトレッドが大幅に拡大し、ワイドで低く構えたスタンスが卓越したスポーツ性を強調している。さらに、左右に大きく開いた大型エア・インテークを備えたフロント・エプロン等の特徴的なデザインが、パワフルな存在感を主張している。

ドライビング・ダイナミクスにおいては、約50:50の理想的な前後重量配分に加え、現行BMWモデルで最も低い重心位置、および、フロント・アクスルにトーション・バーが追加された専用サスペンション・システムの採用により、BMW特有のスポーティで俊敏なハンドリング性能をさらに向上させ、圧倒的にダイナミックな走りを可能にしている。

装備面では、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や、車速やルート案内などの情報をフロント・ウインドーに投影する「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」といった革新的ドライバー支援システムを全車標準装備し、優れた安全性を実現している。

 

メーカー希望小売価格(消費税込み)

   モデル

   エンジン

トランスミッション

希望小売価格

428iクーペ

2.0リッター直列4気筒DOHC
BMWツインパワー・ターボ・エンジン
180kW(245ps)/5,000rpm
350Nm(35.7kgm)/1,250-4,800rpm

 

 

 

 

 8速
スポーツAT

¥6,040,000

428iクーペSport 

¥6,240,000

428iクーペLuxury

¥6,460,000

428iクーペM Sport

¥6,440,000

435iクーペ

3.0リッター直列6気筒DOHC
BMWツインパワー・ターボ・エンジン
225kW(306ps)/5,800rpm
400Nm(40.8kgm)/1,200-5,000rpm

¥7,380,000

435iクーペSport 

¥7,540,000

435iクーペLuxury

¥7,580,000

435iクーペM Sport

¥7,740,000

■   上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。

■   428i Coupe: 右ハンドル仕様。435i Coupe: 右/左ハンドル仕様

 

 

完璧なクーペのプロポーションを実現した、エレガントでダイナミックなエクステリア・デザイン

  • BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、後方に配置されたキャビン、そして、流れるようなルーフラインが、完璧なプロポーションを実現。
  • 先代BMW 3シリーズ クーペに比べ、全高が25mm*1低くなるとともに、全幅が45mm拡大。さらに、前後のトレッドも大幅に拡大し、ワイドで低く構えたスタンスが卓越したスポーツ性を強調。
  • ワイドなキドニー・グリルや丸型4灯のヘッドライトが、BMWらしいスポーティなフロント・フェイスを形成するとともに、左右に大きく広がる大型エア・インテークを備えたフロント・エプロンなど4シリーズ クーペ特有のデザイン要素が、パワフルな存在感を主張。
  • 丸型4灯デザインをベースに、上下がカットされたライト・リングを備えたアダプティブLEDヘッドライト*2は、さらにダイナミックかつ精悍なフロント・ビューを強調すると共に、夜間の走行中におけるBMWらしい表情を一層際立たせている。
  • リヤ・デザインにおいては、水平方向のボディ・ラインと、ワイドなデザインのL字型リヤ・コンビネーション・ライトが、逞しく張り出したリヤのホイール・アーチと共に、ワイドなトレッドを強調。

*1: 先代325iクーペとの比較。

*2: オプション装備。

 

スポーティかつエクスクルーシブなインテリア

  • センター・コンソールはドライバーに向けて僅かに角度がつけられ、全ての重要な操作系がドライバーの手の届く範囲に配置されたドライバー・オリエンテッドなコックピット。
  • フロントからリヤへ流れるドア・トリムの美しいラインにより、ダイナミックかつ躍動的なインテリア空間を演出。
  • 後席においては、シートと一体化したヘッドレスト、および、ワイドなデザインのサイド・サポートを採用した左右独立式リヤ・シートにより、スポーティな雰囲気を強調。

 

「Sport」、「Luxury」のデザイン・ラインと、「M Sport」をモデル・ラインアップに設定し、幅広い選択肢を提供

  • よりスポーティさを強調した「Sport」、ならびに、伝統的かつエレガントなイメージを強調した「Luxury」は、エクステリアとインテリアにそれぞれのコンセプトに合った様々な装備品を採用。
  • 「M Sport」は、逞しさに溢れたダイナミックなスタイリングを強調するMエアロダイナミクス・パッケージや、よりスポーティなドライビングを可能にするMスポーツ・サスペンションなど、BMWのハイ・パフォーマンス・モデルであるMモデルを手掛けるBMW M社が開発した専用装備を数多く採用し、よりダイナミックな走りとスタイリングを強調。

 

卓越したドライビング・ダイナミクス

  • 理想的な約50:50の前後重量配分、極めて低い車両重心位置、フロント・アクスルにトーション・バーが追加された専用サスペンション・システム、そして、インテリジェント・ライトウェイト・テクノロジーにより、さらにスポーティで俊敏なハンドリング特性とコーナーでの完璧な車両安定性を実現。
  • よりワイドなトレッドと長いホイールベースに加え、車両重心位置が50cm以下に下げられ、現行BMWモデルの中で最も低い重心位置を実現。
  • フロントのダブル・ジョイント・スプリング・ストラット式サスペンションに、トーション・バーが追加され、ボディとフロント・アクスルの接続部分の剛性を強化。
  • インテリジェント・ライトウェイト・テクノロジーの採用により、先代BMW 3シリーズ クーペに比べ、車両フロント部分のボディ剛性が約60%向上。

 

BMW EfficientDynamicの設計思想による優れた環境性能と高い動力性能の両立

  • ツインスクロール・ターボ・チャージャー、高精度ダイレクト・インジェクション・システム、バルブトロニックといった革新技術により、優れた環境性能と動力性能を両立したBMWツインパワー・ターボ・エンジンに加え、高効率8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション、無駄な燃料消費を抑制するエンジン・オート・スタート/ストップ機能、燃費の良い走りをサポートするECO PROモードなど、「よりクリーンに、よりパワーを。BMW EfficientDynamics(エフィシェントダイナミクス)」の設計思想に基づいた数々のテクノロジーを全車に採用。
  • フロント・ホイール・アーチ後方に「エア・ブリーザー」を採用: フロント・ホイール・ハウスに流れこむ空気を、フロント・サイド・パネルに設けられたエア・ダクトから放出することで、ホイール周辺で発生する乱気流を抑え、空気抵抗を低減。エア・ブリーザーは、スポーティなデザイン・アクセントとしても、サイド・ビューに躍動感を与えている。

 

BMW 428iクーペ:

  • 世界で最も権威のある「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2013」の1.8~2.0ℓ部門において、2年連続の対象を受賞した2.0リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。
  • 最高出力180kW(245ps)/5,000rpmおよび最大トルク350Nm(35.7kgm)/1,250-4,800rpmを発生し、スポーティなパワー・フィールを驚くほどの低燃費と低排出ガスで実現。
  • 燃料消費率(JC08モード)15.2km/Lの低燃費を実現し、「平成27年度燃費基準+10%」および「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(★★★★低排出ガス車)」を達成。エコカー減税対象モデルなり、自動車取得税および重量税が75%減税される。

 

 

BMW 435iクーペ:

  • 驚異的なパワーと優れた環境性能を両立する3.0リッター直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。
  • 最高出力225kW(306ps)/5,800rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1,200-5,000rpmを発揮し、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)わずか5.1秒という圧倒的な動力性能を誇る。

 

革新的ドライバー支援システムの数々を標準装備し、安全性と利便性をさらに向上

  • カメラにより前方の監視を行い安全なドライビングに貢献する「ドライビング・アシスト」を全車標準装備する。ドライビング・アシストは、衝突の危険性が高まった際にドライバーに警告を発する「前車接近警告機能」、追突が不可避な場合ブレーキをかけ衝突を回避・被害の軽減を図る「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、車線の逸脱をドライバーに警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」の3つの機能が含まれている。また、歩行者検知機能の採用により、歩行者への接近に対しても、ドライバーへの警告と衝突回避・被害軽減ブレーキを作動させる。
  • 現在の車速、ナビゲーション・システムによるルート案内の矢印表示、曲名やラジオ局のリストなど、さまざまな情報をドライバーの視界内のフロント・ウィンドスクリーンに直接表示し、ドライブの安全性と快適性を高める「BMWヘッドアップ・ディスプレイ」を全車標準装備。
  • シンプルかつ直観的な操作でコントロール・ディスプレイに表示される様々な機能の設定を行う「iDriveコントローラー」に、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチ・パッドを全車に採用し、より優れた操作性を実現。

 

車載の通信モジュールを利用し、乗員の安全と車両の状態を見守ることで、ドライビングにさらなる安心感を与える「BMW SOSコール」および「BMWテレサービス」を標準装備

  • BMW SOSコールは、例えばエアバッグが展開するような深刻な事故が発生した際、車載の通信機能を介して車両から自動的にSOSコールセンターに接続する。コールセンターへの音声接続と共に、車両情報をはじめ、車両の位置情報や衝突状況、エアバッグの展開状況、といった情報もデータとして同時に送信されるため、ドライバーが事故の衝撃で意識を失っている場合でも、的確かつスピーディーな救急対応が可能となる。
  • BMWテレサービスは、車載の通信機能を利用し、車両が自動的に車両のメインテナンスやバッテリー電圧の低下といった情報を担当のBMW正規ディーラーに通知するサービスで、お客様は担当ディーラーからのタイムリーな連絡により、適切なメインテナンスを最適な時期に実施することが可能となる。また、路上故障などのトラブル発生時においても、車載の通信機能を利用し、iDriveメニューからBMWエマージェンシー・サービスに連絡し、正確かつ素早いサポートを受けることができる。

 

ニューBMW 4シリーズ クーペの主な標準装備品

  • 電子油圧制御式8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(スポーツ・オートマチッック・セレクター・レバー、ステップトロニック付)
  • サーボトロニック(車速感応式パワー・ステアリング)
  • ドラインビング・パフォーマンス・コントロール(ECO PROモード付)
  • バイ・キセノン・ヘッドライト(光軸自動調整機構/LEDスモールライト・リング/LEDアクセント・ライン付)
  • アダプティブヘッドライト(バリアブル・ライト・コントロール機能、コーナリング・ライト付)
  • PDC/パーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リヤ、ビジュアル表示機能付)
  • リヤ・ビュー・カメラ(予測進路表示機能付)
  • ドライビング・アシスト

         ■ レーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)

         ■ 前車接近警告機能

         ■ 衝突回避・被害軽減ブレーキ

  • BMW SOSコール/BMWテレサービス
  • コンフォート・アクセス(トランク・リッド・スマート・オープナー機能付)
  • マルチ・ファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール(シフト・パドル付)
  • 電動フロント・シート(運転席&助手席、運転席メモリー機能、後席へのコンフォート・エントリー機能付)
  • BMWヘッドアップ・ディスプレイ
  • 8.8インチ・ワイド・コントロール・ディスプレイ
  • HDDナビゲーション・システム(VICS3メディア対応)
  • iDriveコントローラー(コントロール・ディスプレイ用、ダイレクト・メニュー・コントロール・ボタン、タッチ・パッド付)
  • インテグレイテッド・オーナーズ・ハンドブック
  • スピーチ・コントロール(音声入力システム)
  • ハンズフリー・テレフォン・システム
  • USBオーディオ・インターフェース
  • ETC車載器システム(ルーム・ミラー内蔵タイプ)

記事のオフライン添付ファイル

記事のメディア素材

My.PressClub ログイン
 

BMW Group ストリーミング

LAS VEGAS CES 2022.

Here you can see our webcast with the press conference and the innovation highlights.

Open Streaming Page

フィルタータグを追加

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
企業情報&データ
更新情報
トップトピック
フィルターを送信
すべてクリア
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
ログイン