Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

初代BMW M3の登場から30年を記念した特別限定車 「30 Jahre M3」を導入

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWのハイ・パフォーマンス・モデル、BMW M3(エム・スリー)セダンの特別限定車「30 Jahre(ドライスィッヒ・ヤーレ)M3」を導入すると発表した。

F80
·
ブランド
·
BMW
·
BMW M
·
M モデル
·
M3
·
特別仕様車
 

Press Contact.

Product PR
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8026

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, 156.79 KB)
  
Photos(365x, 3.39 GB)
  • BMW M3の栄光の歴史を物語る特別な内外装に、最新モデルのパフォーマンスを融合
  • 初代BMW M3の特別カラーとして初めてBMWのボディ・カラー・ラインアップに加わった「マカオ・ブルー・メタリック」を特別装備
  • エンジン最高出力を450馬力まで高めるなど、BMW M3の圧倒的なパフォーマンスを更に引き上げる「コンペティション・パッケージ」を標準装備
  • 全世界500台の限定台数のうち30台を日本で販売


ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長:ペーター・クロンシュナーブル)は、BMWのハイ・パフォーマンス・モデル、BMW M3(エム・スリー)セダンの特別限定車「30 Jahre(ドライスィッヒ・ヤーレ)M3」を導入すると発表した。このモデルは、1986年の初代BMW M3の登場から30年を迎えたことを記念した全世界500台の特別モデルとなるが、そのうちの30台を日本に導入する。本日より全国のBMW正規ディーラーにおいて購入希望予約の受付を行い、希望者多数の場合は購入当選者を抽選にて決定する(10月末から順次納車を開始)。

 

エクステリアは、初代BMW M3の特別カラーとして初めてBMWのボディ・カラーのラインアップに加わった「マカオ・ブルー・メタリック」を身に纏い、軽量構造の20インチ鍛造Mライト・アロイ・ホイールや、ハイグロス・ブラック仕上げのキドニー・グリル、サイド・ギル、リヤのモデル・バッジといった装備品と相まって、BMW M3の輝かしい栄光の歴史を記念した特別な装いとしている。インテリアは、フロント・シートのヘッドレストに「30 JAHRE M3」のステッチを施したブラックとフィヨルド・ブルーの専用バイ・カラー仕上げのメリノ・レザー・インテリアを採用し、ブラックのクローム・ハイライトが印象的なカーボン・ファイバー製インテリア・トリムには、「30 JAHRE M3」のロゴに加え、全世界500台限定のうちの1台であることを示すレタリングが施されるなど、スポーティかつ特別感あふれる室内空間としている。

ドライビング・ダイナミクスにおいては、BMW M3の圧倒的なパフォーマンスを更に引き上げる「コンペティション・パッケージ」を標準装備としている。これにより、エンジンは自然吸気のような官能的な吹け上がりと、ターボ・テクノロジーによる圧倒的なパワーを併せ持つ3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンの最高出力を、通常モデルから更に14kw(19ps)アップの331kw(450ps)まで高め、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.0秒の卓越した加速性能を実現している。



メーカー希望小売価格(消費税込み)

モデル

エンジン

トランスミッション

希望小売価格

 

30 Jahre M3

 

3.0リッター直列6気筒DOHC
Mツインパワー・ターボ・エンジン
331kW(450ps)/7,000rpm
550Nm(56.1kgm)/2,350〜5,500rpm

 

 

7速M DCT

 

¥ 13,400,000

 

■ 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格です。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となります。

■ 右ハンドル仕様。

 

また、その圧倒的なエンジン・パワーを路面へと伝える専用タイヤを含む足回りは、ダンパーおよびスタビライザーの特性を専用に変更したアダプティブMサスペンションを標準装備するとともに、電子制御式多板クラッチによりパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルやDSCにも専用のチューニングを施し、更に卓越したハンドリング・パフォーマンスを実現している。

 

「30 Jahre M3」の特別装備内容

  • 専用ボディ・カラー: マカオ・ブルーメタリック
  • フル・レザー・メリノ・インテリア: 専用バイ・カラー(ブラック&フィヨルド・ブルー)
  • フロント・シート・ヘッドレスト(専用”30 JAHRE M3”ステッチ付)
  • カーボン・ファイバー・トリム/ブラック・クローム・ハイライト(専用”30 JAHRE M3”ロゴ[1/500レタリング]付)  
  • スカッフ・プレート(専用”30 JAHRE M3”ロゴ付)
  • コンペティション・パッケージ

       - エンジン最高出力331kw<450ps>(通常モデル:317kW <431ps>)
       - アダプティブMサスペンション(コンペティション・パッケージ専用セッティング)
       - 専用DSCセッティング
       - 専用アクティブMディファレンシャル・セッティング
       - ハイグロス・ブラック・キドニー・グリル、サイド・ギル、リヤ・モデル・バッジ
       - 20インチMライト・アロイ・ホイール・スタースポーク・スタイリング666M(鍛造)

                (フロント)9J x 20ホイール+ 265/30ZR20タイヤ

                (リヤ)10J x 20ホイール+ 285/30ZR20タイヤ

       - Mスポーツ・エキゾースト・システム(ブラック・クローム仕上げデュアル・エキゾースト・テールパイプ)
       - Mストライプ付シートベルト

 

BMW M3およびM4について:

BMW M3は、サーキットでの最高の運動性能と日常走行における高い実用性を併せ持ち、1986年の初代モデルの登場以来、長年にわたり高性能スポーツ・カーセグメントのベンチマークの地位を確立してきたモデルである。現行モデルで第5世代目のBMW M3となるBMW M3セダンに加え、全世界で4万代以上の生産台数を記録した先代BMW M3クーペの後継モデルとして、新たにBMW M4クーペがラインアップされている。

両モデルは、自然吸気エンジンのような官能的な吹けあがりと、ターボ・テクノロジーによる全回転域で圧倒的なパワーを併せ持つ新開発の直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載、先代モデルから大幅に進化した運動性能と効率の両立を実現。エンジン・トルクを約40%向上(550Nm)させると同時にJC08モード燃費も約30%向上(12.2km/L)した。また、ボディやサスペンションの大部分にCFRP(炭素繊維強化プラスチック)や軽量アルミニウムを採用したインテリジェント・ライト・ウェイト構造により、ニューBMW M4クーペの場合、先代モデルに比べ約80kg*1の軽量化を実現し、車両重量1,497kg*2を達成している。
結果、わずか4.1秒*3で時速100kmまで加速する圧倒的な動力性能を誇る。さらに、途切れることのない加速と快適なシフト・チェンジを実現した7速Mダブル・クラッチ・トランスミッションM DCT Drivelogic(エム・ディーシーティー・ドライブロジック)など、BMW Mが誇る数々の革新的テクノロジーにより極限のパフォーマンスをドライバーとマシンとが一体となって操る究極のドライビング・ダイナミクスを提供する。
*1: 先代モデルとの装備差異調整後の数値。 *2: ヨーロッパ仕様(DIN空車重量)。 *3: ヨーロッパ仕様車値。 

Article Offline Attachments.

Article Media Material.

My.PressClub Login
 

BMW Group Streaming.

ANALYST AND INVESTOR CONFERENCE 2017.

Munich, 22.March. OnDemand transmission of the BMW Group Analyst and Investor Conference 2017.

open streaming site

CO2 emission information.

Fuel consumption figures based on the EU test cycle, may vary depending on the tyre format specified. Further information on official fuel consumption figures, specific CO2 emission values and the electric power consumption of new passenger cars is included in the “Guideline for fuel consumption, CO2 emissions and electric power consumption of new passenger cars", which can be obtained from dealerships and here as PDF.

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login