Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

BMW Team StudieのBMW M6 GT3は、 表彰台まであと一歩に迫る4位完走

2017 AUTOBACS SUPER GT Round 3 KYUSHU 300KM RACE

スポーツの
·
Automotive
·
BMW Motorsport
 

Press Contact.

Corporate PR
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8025

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, ~312.89 KB)
  
Photos(12x, ~22.75 MB)

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)が、コラボレーション・パートナーとしてサポートするBMW Team Studie のBMW M6 GT3は、5月22日に開催された2017年SUPER GT選手権第3戦の決勝において、4位でフィニッシュした。

 

公式練習

気温18.5℃/路面温度28.6℃

快晴の中、2年ぶりのオートポリスは、荒聖治選手のドライブでスタートした。オートポリスは、レースウィーク最初のセッションでは常に路面がダスティなコースである。そのため荒選手は、コースの感触を確認しつつ各コーナーで無線をチェックし、メカニックチェックを受けた後に本格的な走行を開始した。今回のラウンドも、チームは決勝に向けたメニューを重視し、準備してきたマシンセットアップの選定とタイヤのロングランチェックを中心に周回を重ねた。その後、ミュラー選手が担当したセッション終盤もタイヤの選定に注力し、チームは予定のメニューを消化して、この練習走行を終えた。

 

公式予選Q1

Q1は荒選手がドライブを担当した。サーキットサファリ中のコースオフで負ったダメージもセッションスタートのタイミングには修復が完了していた。タイヤ温存を狙って、ピット内にステイした状況でQ1が始まった。セッション開始から4分が経過し、メカニックがマシンを押し出そうとしたその時、1台のマシンがコースを外れた。Q1は残り10分50秒からの再開となった。Studie BMW M6は、セッション再開のタイミングでコースインした。荒選手は、アウトラップ後の2週をタイヤのウォームアップにあて、つづく計測4周目にアタックを開始すると、1周目に1’44.924を記録して、Q1を3番手タイムで終えた。

 

公式予選Q2

Q2はヨルグ・ミュラー選手がドライブを担当した。Q1同様、セッションスタートと同時にコースインはせず、約2分間のウェイティングの後、チームはマシンを送り出した。ミュラー選手は、この予選で初めてニュー・タイヤを装着し、感触を確認しつつタイヤを温め、計測3周目からアタックを開始した。1’45.515秒を記録し、9番手タイムでQ2を終えた。

 

決勝

決勝日も前日同様に晴天の中行われた。前日に追ったダメージも、予選時の応急処置から完全修復が完了し、Team Studieは万全の体制で決勝へ挑んだ。

決勝は14時にパトカー先頭のパレードラップ、続くフォーメーションラップからスタートした。Studie BMW M6は、荒選手のドライブでクリーンなスタートを決めた。コントロールライン通過直後、荒選手は1つ前のマシンを3コーナーでオーバーテイクした。その直後、300クラス後方のマシンが500クラスのNSXとクラッシュし、セーフティーカーが導入された。レースはその後SC先導で隊列を整え、12周目まで周回数を消化し、13周目にレースが再開されると、荒選手は7番手ポジションをキープしたまま、レースの前半を走行した。迎えた22周目、Studie BMW M6は、前方を走るマシンのピットインで6番手に浮上し、28周目には5番手までポジションをあげた。チームが30周目にピットインをコールすると、荒選手は31周目にルーティンのPIT作業へ向かった。Studie BMW M6は実質5番手、見かけ上9番手のポジションでレースに復帰した。荒選手からバトンを受け取ったミュラー選手は、前を行く11号車と後ろから迫る4号車の2台と一進一退のバトルを展開した。58周目に4番手11号車のトラブルでポジションを1つ上げると、そのポジションを保ったままチェッカーを受け、4位完走を果たした。

 

鈴木康昭 チーム代表兼監督

TOP2台は、コースとのマッチング、性能調整も含め別格のレースでした。3番手のARTAさんに関しては、我々と6秒差でのフィニッシュ。こちらはタイヤ4輪交換に対して、ARTAさんは片側2輪だけの交換。それがぴったりタイム差として表れ、3位と4位を分けました。ARTAさんの素晴らしい作戦だったと思います。しかし、我々が同じ作戦を取れたかと言えば、現状で難しいのが事実です。これに関しては、これからヨコハマタイヤさんとの開発を更に進める必要があると感じました。FIA GT3勢の中では、BMW M6 GT3が1-2フィニッシュを飾れた事は、とても素晴らしいと思いますし、前回が7位、今回は4位とだいぶ見えて来たモノもありますので、次戦に期待して頂ければと思います。

 

ヨルグ・ミュラー選手

とてもとてもハッピーです。9番グリッドからスタートして4位でフィニッシュ。今シーズンでは今までありませんでした。タイヤを労りながら、後ろから迫る谷口選手を押さえる事はとても難しかったですが、チームのピット作業は、素早く完璧且つ正確。4位を守りきる事が出来、素晴らしいレースになりました。次の第4戦もとても楽しみです。

 

荒聖治 選手

今回のオートポリスでは、M6 GT3の運動性能の高さを活かして、予選決勝共に、今期ベストなパフォーマンスを発揮することが出来ました。TOP10圏内上位でレースを戦うことが出来、今後のレースを戦う上での手応えを掴んだ一戦となりました。この後のレースでも、このパフォーマンスを最大限に活かし、優勝を狙ってベストを尽くします。

Article Offline Attachments.

Article Media Material.

My.PressClub Login
 

BMW Group Streaming.

LIVE - AUTO CHINA 2018.

Beijing, 25. April 2018.
10:00 CST / 04:00 CEST.
Here you can see the full-length transmission of the BMW Group press conference.

 

open streaming site

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login