サポートが必要ですか? ご不明な点がございましたら、こちらから support.pressclub@bmwgroup.com 弊社サポートチームまでお問い合わせください。

PressClub Japan · 記事.

BMWグループの自動運転

パーソナル・モビリティとその産業への利用は、技術的な飛躍の象徴となります。自動車とそれに関連する技術は、今後10年間で、過去30年に成し遂げたものよりもさらに大きく変化することになります。BMWグループは、この変化へのチャレンジに十分に対処できると自負しています。

技術、研究、開発
·
未来のモビリティ
·
ドライビング・アシスト・システム
 

プレスコンタクト

MINI PR
BMW グループ

電話番号: 0120-3298-14

メールを送る

ダウンロード

  
添付資料(1x, ~250.9 KB)
  
画像(79x, ~156.27 MB)
  More below article text
  1. はじめに

パーソナル・モビリティとその産業への利用は、技術的な飛躍の象徴となります。自動車とそれに関連する技術は、今後10年間で、過去30年に成し遂げたものよりもさらに大きく変化することになります。BMWグループは、この変化へのチャレンジに十分に対処できると自負しています。

 

近年、BMWグループは、さまざまなイベントで自律走行に必要な基本的要素を実証しています。2006年にはすでにホッケンハイムのサーキットを、BMW 3シリーズの自動運転車で周回していましたが、BMWグループによる自動運転のプロトタイプは、2011年にミュンヘンからニュルンベルク間のA9高速道路で路上試験を開始しました。2014年以降、BMWグループはさらに進化したプロトタイプに、事故を未然に避けるための360°環境感知技術を搭載しています。2014年はBMWグループの自動運転プロトタイプが初めてラスベガス・スピードウェイでドリフト走行を行い、パフォーマンスの限界領域で走行することも可能であることを証明しました。今や、シンプルなジェスチャーで指示するだけで、クルマが自動で駐車することさえできるようになりました(オートマチック・バレー・パーキング機能)。

 

BMW Vision Next 100は、これらの機能をすべて搭載した先見性のある自動車であり、同時にオーナーの日々の定例業務を管理する手助けを提供するツールでもあります。

 

BMWグループは、その後もさらに一歩先へ進み続けています。2014年にHEREを買収し、Intel、Mobileye(2016年以降参加)および他のパートナー企業との共同事業の結果として、BMWグループは、BMW iNextの量産のための開発を進めてきました。

 

BMWグループとパートナー企業は、将来の自動運転のための標準化、プラットフォーム、バックエンドに関する協力を行っており、新しいパートナーを同盟に迎えることについても常に歓迎するとしています。

 

詳細は添付のプレスキットをご覧ください。

1.          はじめに.............................................................................................. 2

 

2.           BMWグループの(高度)自動運転

              経歴と現状.......................................................................................... 3

 

3.           ドライバー・アシスタント・システム(レベル2)および

              自動運転/自律走行(レベル3~5)

3.1         現在の試作車両における技術および技術的要件.................................. 6

3.2         将来の技術的要件................................................................................7

 

4.           故障時動作システム............................................................................. 8

 

5.           自律走行: 事故統計と倫理....................................................................9

 

6.           ウンターシュライスハイム・キャンパス

              自律走行技術の新たな開発センター......................................................10

 

7.           開発中の車両

              2017年末までに自動運転化されたBMW 7シリーズ車両を40台準備.......11

 

8.           自律走行のための人工知能(AI)...........................................................13

 

9.           協力および貢献.....................................................................................14

記事のオフライン添付ファイル

記事のメディア素材

My.PressClub ログイン
 

BMW Group ストリーミング

LAS VEGAS CES 2022.

Here you can see our webcast with the press conference and the innovation highlights.

Open Streaming Page

フィルタータグを追加

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
企業情報&データ
更新情報
トップトピック
フィルターを送信
すべてクリア
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
ログイン