Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

BMWが東京マラソン2018に8年連続でオフィシャル・スポンサーとして協賛

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、本年2月25日(日)開催の東京マラソン2018へ8年連続でオフィシャル・スポンサーとして協賛する。

企業概要
·
企業イベント

Press Contact.

Corporate PR
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8025

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, ~115.16 KB)
  • 東京マラソン2018のためのBMWスペシャル・サイトがオープン。

 

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)は、本年2月25日(日)開催の東京マラソン2018へ8年連続でオフィシャル・スポンサーとして協賛する。

 

大会車両として、BMW i3など豊富なラインアップからなる26台のBMW車両を提供する。さらに、ペース・メーカー用バイクに、BMW Motorrad(モトラッド)が誇る電動バイクC evolutionを提供し、大会当日の医療救護体制のため、救命救急士がAEDを背負い自転車でコース上を巡回監視するモバイル隊用の移動手段、ならびに車いす対応として、46台のBMWクルーズ・バイク(自転車)を提供し、緊急事態に備えたサポートを行なう。

 

 

BMWスペシャル・サイトがオープン

東京マラソン2018のモビリティ・パートナーであるBMWが、本年1月に発表した新型BMW i3の紹介を行なっている。新型BMW i3は、「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブ・ブランド「BMW i」の電気自動車として2014年4月に販売を開始し、「設計から生産、販売に至るまで持続可能なモビリティを実現する」というコンセプトのもと、革新的な手法を様々採用している。量産車として初めてCFRP(カーボン・ファイバー強化樹脂)を基本骨格に採用し、徹底的な軽量化に挑戦すると同時に、大容量バッテリーを搭載することで航続距離390kmを実現し、都市型のモビリティとして、必要十分な性能を備えたモデルになっている。また、647ccの発電用エンジンを搭載したレンジ・エクステンダー装備車は、走行中にエンジンが電力を発電し、航続距離が更に121km*延長され、合計で511km*の走行が可能である。

*: JC08テスト・モードにおける試験値を元に算出。

 

BMW東京マラソン2018スペシャル・サイトURL: http://bmw-japan.jp/tokyomarathon/

 

 

東京マラソンEXPO 2018に出展

東京マラソン2018開催前となる2月22日(木)から24日(土)まで、東京ビッグサイトで実施の東京マラソンEXPO 2018 にBMWブースを出展する。BMWブースでは、本年1月発表の新型BMW i3をはじめ、電動バイクBMW C evolution、BMWクルーズ・バイクを展示する。さらに昨年好評であった、足を利用してBMWのスロット・カーを走らせるサステイナブルなゲームも、用意する。

Article Offline Attachments.

My.PressClub Login
 

BMW Group Streaming.

STREAMING PORTAL.

Watch the web casts of latest BMW Group press events.

open streaming site

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login