Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

BMW Team Studieが連続表彰台を獲得 Rd.10でチーム初の1-2フィニッシュを果たす

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)がサポートするBMW Team Studieが、9月22日/ 23日に上海インターナショナル・サーキットで開催されたBlancpain GTシリーズ・アジアRd.9 & 10にBMW M4 GT4で参戦した。Rd.9決勝はレース序盤のセーフティーカー導入により序盤に大きなギャップを築けなかったことが響き2、5位でレースを終えるも、翌日、必勝態勢で挑んだRd.10決勝は、積極的なピット戦略が功を奏すなど常にレースを支配し、チーム初の1-2フィニッシュを果たした。

スポーツの
·
Automotive
·
BMW Motorsport
·
Customer Racing
 

Press Contact.

Corporate PR
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8025

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, ~146.27 KB)
  
Photos(12x, ~5.92 MB)

BLANCPAIN GT SERIES Asia Rd.9 & 10 Shanghai 2018

 

ビー・エム・ダブリュー株式会社(代表取締役社長: ペーター・クロンシュナーブル)がサポートするBMW Team Studieが、9月22日/ 23日に上海インターナショナル・サーキットで開催されたBlancpain GTシリーズ・アジアRd.9 & 10にBMW M4 GT4で参戦した。Rd.9決勝はレース序盤のセーフティーカー導入により序盤に大きなギャップを築けなかったことが響き2、5位でレースを終えるも、翌日、必勝態勢で挑んだRd.10決勝は、積極的なピット戦略が功を奏すなど常にレースを支配し、チーム初の1-2フィニッシュを果たした。

 

Rd.9 決勝

鈴鹿の1勝に続いて、富士ではRd.7 & 8の2レース共に81号車がポール・トゥ・ウィン。シーズン・タイトルの奪取の為に重要となったラウンドに、チームは必勝の思いを胸に挑んだ。

決勝は81号車の木下選手がGT4クラスのポールポジション、マックス選手の82号車は4番手からのスタートとなった。1番手ポジションでスタートした81号車は、1コーナーをスムーズにクリアし、序盤から後続を引き離しにかかる。このまま前半で大きなギャップを築く展開になるかと思われたが、2周目後半にコースオフ車両が発生し、セーフティーカーが導入され、トップを走る81号車はその速さを発揮出来ない展開となった。マックス選手は、この間に冷えたタイヤのグリップに苦しみコースを外し、7番手までポジションを落とす。迎えた10周目、ピット・ウィンドがオープンする。チームはまず82号車へコールし、マックス選手ピットに迎える。一方、作戦どおりのギャップを築けなかった木下選手は、前戦の結果に課された15秒のサクセスハンディを埋めるためペースをあげる。11周目にコールを受け、ピットに向い砂子選手にマシンを託す。

 

マックス選手からマシンを引き継いだ浦田選手は、6番手ポジションでコースに復帰する。ペースの上がらない前のマシンに迫ると、18周目にオーバーテイクに成功し、ポジションを5番手に上げた。浦田選手はその後、タイヤ・グリップが落ちたマシンを巧みにコントロールして、そのままポジションを守りきり5位でチェッカーを受けた。一方、砂子選手はサクセスハンディを消化してコースへ復帰するが、レース序盤で思った様にギャップを築けなかった事が響き、ポジションを2番手に落とす。砂子選手の81号車はその後、タイヤのグリップ・ダウンに苦しみながらレース後半の周回を重ね、2位完走でこのレースを終えた。

 

Rd.10 決勝

前日のRd.9を2位、5位で終えたチームにとって、タイトル奪取のためこのRd.10は更に落とせない重要な一戦になった。81号車には砂子選手、82号車には浦田選手が乗り込んだ。昨日予選トップの81号車はポールポジションに、82号車は4番グリッドについた。砂子選手はスタート直後の混乱に埋もれる事なくポジションをキープしてトップで1コーナーを抜ける。4番手スタートの浦田選手も素晴らしいスタートを決めてポジションアップに成功し、1周目のコントロール・ラインを3番手ポジションで通過した。81号車と82号車は間にライバル666号車を挟みレース序盤の周回を重ねる。

 

迎えた10周目、ピット・ウィンドがオープンすると、まずチームは砂子選手をコールしてピットに向かわせる。前日のレースでタイヤのドロップに苦しんだチームは、このRd.10 でピット作業でのタイヤ交換を選択した。チームは完璧な作業でタイヤ交換を行い、全ての作業とサクセスペナルティのストップ時間を消化すると、81号車は木下選手ドライブでコースに復帰した。一方の82号車は、翌12周目にコールを受けピットロードへ向かう。同じくタイヤ4本の交換をミス無く済ませ、マックス選手のドライブでコースへ復帰した。全車が規定のピットインを済ませた14周目は81号車が1番手、82号車は3番手。この時点で2番手のライバル666号車は前半スティントの速さが無く、ポジションを落とし、チームは1-2体制を築いた。すでにピットのタイミングで82号車とのギャップが広い81号車は余裕をもってレースを進める。82号車は終盤、後続からギャップを詰められたが、無事にチェッカーを受け、BMW Team Studieはチーム史上初の1-2フィニッシュを果たした。

 

 

鈴木康昭 チーム代表兼監督

Rd.9 決勝

「Rd.9は2位表彰台を獲得しました。このBlancpain GTシリーズの特徴、前戦の結果に対して課せられる15秒のサクセスハンディが、連勝をとても難しいものにしている事をあらためて感じました。トップでフィニッシュした666号車とのタイム差は13秒。このレース、彼らはサクセスハンディが1秒もなかったので同条件であれば勝利できましたが、それがこのレースのルール。今回、一番勝たせてはいけないポイント・リーダーに優勝させてしまいましたが、残り3戦を全て勝つつもりで気持ちを切り替えています。まずは明日。666号車は15秒のハンディ、対する我々81号車は10秒のハンディです。十分勝機はあると思っています。頑張って闘ってまいりますので、引き続き応援よろしくお願い致します。」

 

Rd.10 決勝

「81号車が1位、82号車が2位のこれ以上無い良い結果でレースを終えました。まずは、82号車。本当に頑張りました。ライバル勢も速さを見せる中、しっかりポジションを上げて2位。本当に素晴らしいレースでした。一方の81号車は、このRd.10を落とすと今シーズンのチャンピオンを諦めざるを得ない非常に重要な一戦。それをしっかり勝ちチャンピオン争いに踏みとどまりました。更に、ポイント・ランキング・リーダーの666号車がトラブルでリタイヤしたことによって、我々とのポイント差も一気に縮まり、次戦の寧波戦でチャンピオンが決まることになりました。どうか最終戦も楽しみにしていて下さい。引き続き応援よろしくお願い致します。」

Article Offline Attachments.

Article Media Material.

My.PressClub Login
 

BMW Group Streaming.

PARIS MOTOR SHOW.

Here you will see the on demand transmission of the BMW Group Conference.

open streaming site

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login