Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

ロサンゼルス・モーターショー2018におけるBMWの出展について

米国・カリフォルニア州で開催されるインターナショナル・モーターショーで、BMW X7、BMW 8シリーズ カブリオレ、BMW M340i xDriveセダン、BMW Vision iNEXTが世界初公開

G14
·
G07
·
G20
·
カブリオレ
·
8 Series
·
X7
·
3 シリーズ
·
セダン
·
America
·
Los Angeles
·
モーターショー
·
デザイン、コンセプトカー
·
iNEXT
 

Press Contact.

Corporate PR
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8025

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, 320.42 KB)
  
Photos(8x, 102.4 MB)

ミュンヘン / ロサンゼルス発:

ロサンゼルス・モーターショー2018においてBMWは、新たに導入する3種類の量産モデル、およびさまざまな面で先駆的なビジョンを示すビジョン・ビークルを、いずれも世界初公開する。BMW X7およびBMW 8シリーズ カブリオレにとっては、米国・カリフォルニア州で開催されるインターナショナル・モーターショーが初舞台となる。これら2つのモデルの導入により、ミュンヘンを本拠地とするプレミアム・カー・メーカーは、現在行われているモデル攻勢をラグジュアリー・セグメントへも推し進める。同時に世界初公開となるモデルには、BMW M340i xDrive セダン(複合モード燃費:7.5リッター/100km、複合モードCO2排出量:172g/km*)が含まれる。加えて、BMWは会場となるロサンゼルス・コンベンション・センターでパーソナル・モビリティの将来の形を垣間見せる。今回初めて公開されるBMW Vision iNext(ビジョン・アイネクスト)は、2018年11月30日~12月9日までの期間中、電気で駆動し、ネットワークに接続され、高度に自動化された走行のすべてを魅力的な一台のモデルとして紹介する。

 

BMW Vision iNextは、駆けぬける歓びの新時代の幕開けを象徴している。このモデルは、戦略的かつ革新的な分野である自動走行、コネクティビティ、電動化、および各種サービスを初めて1台の自動車に組み込み、さらに将来を見据えたデザイン(D+ACES)を与えたものだ。BMWグループのNumber ONE > NEXT戦略の一環として定義されている、同グループの持続可能な成長を確実にするための活動の分野には、ラグジュアリー・セグメントでのプレゼンス強化も含まれる。ラグジュアリー・セグメントにおける今後のモデル攻勢は、ロサンゼルス・モーターショー2018に初めて展示されるBMW X7およびBMW 8シリーズ カブリオレを見ても明らかである。さらにロサンゼルス・ショーでは、BMWのその他のニュー・モデルとして、新型BMW X5、新型BMW 8シリーズ クーペ、新型BMW Z4も展示される。

 

駆けぬける歓びの将来を見据えて: BMW Vision iNext

BMW Vision iNEXTは近い将来の自律走行の可能性を示し、とりわけ推進力としての刺激的な性質を備えながらもその中心に人間を据えるソリューションを提示する。BMW Vision iNextをベースにした量産モデルは、早ければ2021年には新しいテクノロジー・フラッグシップとしてBMWディンゴルフィン工場で生産が開始される。

 

BMWの最新のスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)のサイズとプロポーションを受け継ぐBMW Vision iNEXTの堂々とした風貌、明確にデザインされたフォルムとサーフェスからは、未来志向のキャラクターが伝わる。フロント・エンドの中央には、大きなBMWキドニー・グリルが配される。エンジンを冷却する必要がないためキドニー・グリルはクローズド構造で、各種センサーを装備したインテリジェンス・パネルとなっている。細くフラットなヘッドライトは、BMW特有の4眼フェイスを現代的な解釈で表現している。BMW Vision iNEXTのサイド・ビューからはBMWの最新SAVの力強く揺るぎないたたずまいが窺え、機能的な2ボックス・プロポーションとロング・ルーフ・ラインがゆとりあるインテリアを暗示し、ロング・ホイールベース、ショート・オーバーハングのシルエットが、ダイナミックな印象をもたらす。左右の大型ドアは観音開き式でBピラーがないため乗り降りも快適に行え、そのインテリアは洗練された、居心地の良い、いわば4つの車輪が付いた『リビング・ルーム』である。室内で特徴的なのは、ドライバー・エリアと後席エリアがひときわ明確に区別されている点である。後席のゆったりとしたひと続きのシートは、まるでリラックスするのにうってつけのラウンジのようである。デジタル・ディスプレイ、フラットなダッシュボード、ステアリング・ホイールで構成されたコクピットは、選択した走行モードに応じて独自のキャラクターに切り替わる。「ブースト(Boost)」モードでは、ステアリング・ホイールとディスプレイは明確にドライバーに向けて配置される。「イージー(Ease)」モードにすると、ドライバー・エリアが変化する。ステアリング・ホイールが少し引き込まれ、アクセル・ペダルが収納され、オープンな雰囲気の空間が作り出される。BMW Vision iNextは、「自分で運転する必要のないクルマとはどのようなものか - 本当に実現できるのか?」という問いに対する回答である。その他すべてのディスプレイおよび操作部に採用した革新的テクノロジーも、ドライバーとパッセンジャーのニーズに応えるものである。後席エリアの上質なリビング・ルームのような雰囲気を醸し出すため、見えないところにテクノロジーが盛り込まれている。それは、ドライバーやパッセンジャーが希望するときのみ姿を現し、利用可能となる。

 

新次元のラグジュアリー: BMW X7

新型BMW X7は、ミュンヘンを本拠とするプレミアム・カー・メーカーの現在のモデル・プログラムにおいて、高級車に相応しい駆けぬける歓びの新次元を開くモデルとなる。この最新かつ最大のBMW Xモデルは、風格、機能性、室内の快適性に加え、スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の俊敏かつ卓越した走行特性のいずれもが極めて高いレベルで組み合わされている。BMW X7のエクステリアには、BMWの新しいデザイン手法によって、ラグジュアリー・セグメント特有の現代的なエレガンスと、威厳と自信に満ちた堂々たる風格が備わっている。印象的な広々としたスペースには、コンフォート・シートを6座席分装備するか、あるいは最大3列までのシートを装備することもでき、高級感あふれるインテリアに上質なデザインと比類ない装備品が提供される。

 

BMW初のラグジュアリーSAVセグメントのエンジンは、V8ガソリン・エンジン(欧州地域は導入せず)、直列6気筒ガソリン・エンジンの他、直列6気筒ディーゼル・エンジンが2種類用意される。すべてのエンジンに、8速ステップトロニック・トランスミッションおよびインテリジェント四輪駆動システムBMW xDriveが組み合わされる。BMW X7には2アクスル・エア・サスペンションおよび電子制御ダンパー付きアダプティブ・サスペンションが標準装備される。エンジン・バリエーションに応じて、サスペンション・システムのオプションとしてMスポーツ・ディファレンシャルおよびオフロード・パッケージか、あるいはアクティブ・アンチロール・スタビライザー付きエグゼクティブ・ドライブ・プロを装備できる。BMW X7は、その最先端の駆動およびサスペンション技術によって、未舗装地帯におけるオフロード性能と舗装路における走行快適性および俊敏なハンドリングを融合させたBMWのスポーツ・アクティビティ・ビークルならではの特徴を併せ持つ。

 

進歩する高級車でもあるBMW X7には、最新のドライバー・アシスタント・システムが数多く用意されている。ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、リバース・アシスト付きパーキング・アシストを含むドライビング・アシスト・プロフェッショナルに代表されるドライバー・アシスタント・システムによって、自動走行の実現へ向けた最新の進歩が示されている。BMW X7には、BMWライブ・コクピット・プロフェッショナルも標準装備されている。このシステムは、それぞれ12.3インチの画面サイズを持つフル・デジタル式メーター・パネルとコントロール・ディスプレイで構成される。これに加えて、新たにBMWオペレーティング・システム7.0では、iDriveコントローラー、タッチ・ディスプレイ、ステアリング・ホイールのボタン、ならびに音声入力およびジェスチャー・コントロールも利用可能なマルチ・モード操作を実現している。

 

ダイナミック、ラグジュアリー、オープン・エアの歓び: BMW 8 シリーズ カブリオレ

ロサンゼルスで披露されるラグジュアリー・セグメントで2つ目のニュー・モデルも、BMWのラインナップに新たに追加されるモデルである。このモデルの導入により、BMW特有のスポーティな走りがラグジュアリー・セグメントのオープン・トップ4シーターで体験できるようになる。BMW 8シリーズ カブリオレは、心躍らせるダイナミックな走行特性と個性的でエレガントなデザイン、さらに比類ないオプション装備品、駆けぬける歓び、オープン・エア・ドライビングの歓びといった特徴をすべて提供する。

 

ダイナミックで伸びやかなライン・レイアウトとクラシカルなファブリック製ソフトトップが、BMW 8シリーズ カブリオレの自信に満ちた外観をつくりあげている。車速50 km/hまでなら走行中でも操作できる電動式フル・オートマチック・コンバーチブル・トップは、開けるときも閉めるときもそれぞれ15秒で動作が完了する。このソフトトップを閉じたときはスポーティでフラットなライン・レイアウトが強調され、開けたときは2ドア・モデルの伸び伸びしたエレガンスが際立つ。インテリアでは、きわめて正確かつ細部までこだわったデザインが、上質な駆けぬける歓びを盛り上げる。特にソフトトップを開けたとき、エクステリアからインテリアへと違和感なくつながる一貫性が明瞭に伝わってくる。ダッシュボードからドア・トリムのショルダー周り、後席のショルダー周り、そしてソフトトップ収納部のカバーまで、4つのシートに座った乗員の周囲を流れるような動きで包み込む。BMW 8シリーズ カブリオレには、ロールオーバー保護システムおよびウインド・デフレクターが標準装備されており、オプションでフロント・ヘッドレスト内蔵式ネック・ウォーマー、ステアリング・ホイール・ヒーターを含むウィンター・コンフォート・パッケージが提供される。

 

BMW 8シリーズ カブリオレは、市場投入時点でV8ガソリン・エンジンと直列6気筒ディーゼル・エンジンが用意され、それぞれのパワーは8速ステップトロニック・トランスミッションおよびインテリジェント四輪駆動システムBMW xDriveを通じて路面に伝達される。BMW 8シリーズ向けに開発され、特にサーキット用にセットアップされたドライブトレイン、サスペンション・システムは、息をのむほどのパフォーマンスと突出したバランスの良さ、優れた走行快適性を提供する。新型BMW 8シリーズ カブリオレの快適性と安全性は、最新のドライバー・アシスタント・システムに裏打ちされている。BMWライブ・コクピット・プロフェッショナル、ステアリング・ホイールの向こう側に組み込まれた12.3インチ・サイズのデジタル・メーター・パネル、および10.25インチ・サイズのコントロール・ディスプレイの他、BMWヘッドアップ・ディスプレイが標準装備される。

 

際立つスポーツ性能: BMW M340i xDrive セダン

同じくロサンゼルス・モーターショー2018で初公開となるBMW M340i xDriveセダンは、プレミアム・ミドル・クラスにおけるスポーツ性能の新たな基準を打ち立てる。この新型スポーツ・セダンの中で最もダイナミックなモデル・バリエーションには、最高出力275kW[374㎰]、最大トルク500Nmを発生する新開発の直列6気筒エンジンが搭載される。この優れた出力特性を発揮するエンジンは、Mスポーツ・エキゾースト・システムによる独特のサウンドを轟かせ、8速ステップトロニック・スポーツ・トランスミッション、Mモデル専用サスペンション・システム、後輪駆動を強調したセットアップが施されたインテリジェント四輪駆動システムなどにより突出したスポーツ性能を実現する。BMW M340i xDriveセダンは、停止状態から車速100km/hまでを4.4秒で駆けぬける。

 

BMW M340i xDriveセダンには地上高が10ミリ低くなるMスポーツ・サスペンションを標準装備しており、これには革新的なストローク依存型ダンパーも装備される。オプションで電子制御ダンパー付きアダプティブMサスペンションも用意される。これら2つのサスペンション・システムには、バリアブル・スポーツ・ステアリングも組み合わされている。さらにBMW 340i xDriveセダンには、リヤ・ディファレンシャルに一体化された電子制御式無段階可変ロッキング機能付きMスポーツ・ディファレンシャルと、Mスポーツ・ブレーキ・システムが装備される。

 

BMW M340i xDriveセダンの卓越したパフォーマンスは、モデル専用デザインと装備品にも反映されている。特に冷却エア用の大きなエア・インテークのあるフロント・エプロン、メッシュ・デザインのBMWキドニー・グリル、ボディ同色塗装のリヤ・スポイラー、ならびにセリウム・グレー・メタリック仕上げのドア・ミラー・キャップやエア・インテーク・ストラット、BMWキドニー・グリルのサラウンドとバー表面、テール・パイプ・カバー、モデル・バッジによってMモデル特有の外観となっている。

 

カスタマイズおよび快適性を向上させるためのオプションとして、新型BMW 3シリーズ セダンのすべてのモデル・バリエーションにはさまざまな特別装備品が用意される。各種ドライバー・アシスタント・システムの他、インテリジェント・コネクティビティの分野で最新のイノベーションも用意される。オプションのBMWライブ・コクピット・プロフェッショナルを組み合わせると、BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントが利用できる。将来的には他のBMWモデルでも利用できるようになる予定のこのデジタル・アシスタントは、音声入力で『ヘイ、BMW』と語りかけることで起動して、車両のさまざまな機能や操作に関してドライバーをサポートし、リモート・ソフトウェア・アップグレードを通じてシームレスに実行される定期アップデートにより、絶えず新しい機能や能力が付け加えられる。

 

 

* 燃費、CO2排出量、電力消費量、および航続距離の数値は、型式認定時に有効であった欧州規格(EU)2007/715に既定されている測定法に従って測定されている。これらの値はドイツにおける基本装備の車両に対するもので、数値範囲はホイール/タイヤの種類及び装着されたオプション装備品による差異を考慮したものであり、構成プロセス中に変化する場合がある。

 

数値は、新しいWLTPテスト・サイクルに基づく測定値を比較のためNEDCに換算したものである。これらの車両については、税その他のCO2排出量が考慮される課金の評価に際して、ここに示した値とは異なる数値が該当することがある(国別法規によって異なる)。

新車に関する公式の燃料消費率、CO2排出量、電力消費率に関する更に詳細な情報は「新しい乗用車の燃料消費率・CO2排出量・電力消費率に関するガイドライン」(Leitfaden über Kraftstoffverbrauch, die -Emissionen und den Stromverbrauch neuer Personenkraftwagen)に記載されている。この資料はすべての販売店、DAT(Deutschen Automobil Treuhand GmbH)(所在地:Hellmuth-Hirth-Str.1, 73760 Ostfildern-Scharnhausen, Germany)、https://www.dat.de/co2/から無料で入手できる。

Article Offline Attachments.

Article Media Material.

My.PressClub Login
 

BMW Group Streaming.

LA AUTO SHOW 2018.

Los Angeles. 28.11.2018. 
Here you will see the on demand transmission of the BMW Press Conference at the LA Auto Show.

open streaming site

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login