Do you need help? Please contact our support team from 9 to 17 CET via support.pressclub@bmwgroup.com.

PressClub Japan · Article.

BMWグループの自動運転:#NEXTGen 19

オンデマンド・モビリティのシナリオのためのテクノロジー BMW 7シリーズを運転しながら映画を見てはどうだろう?あるいはしばらく目を閉じてみてはどうだろう?BMWグループはこのすべてを可能にする。そして#NEXTGenにおいて、自動運転の片鱗を披露している。

テクノロジー
·
Autonomous Driving
·
#NEXTGen
 

Press Contact.

Corporate PR
BMW グループ

Tel: +81-3-6259-8025

send an e-mail

Downloads.

  
Attachments(1x, ~245.92 KB)
  
Photos(15x, ~133.71 MB)
  
Videos(2x, ~702.52 MB)

オンデマンド・モビリティのシナリオのためのテクノロジー

BMW 7シリーズを運転しながら映画を見てはどうだろう?あるいはしばらく目を閉じてみてはどうだろう?BMWグループはこのすべてを可能にする。そして#NEXTGenにおいて、自動運転の片鱗を披露している。

 

市街地のオンデマンド・モビリティのシナリオでは、高度な自動化(レベル4)が将来の個人のモビリティをどのように変革できるかをBMW 7シリーズが見事に示している。スマートフォンのアプリによって呼び出された空車が、そのオーナーを迎えにやってくる。到着とともに、スマートフォンによるアクセス認証を使用して、希望の出迎え地点まで車両を誘導することが可能だ。

 

レベル4では、乗員が運転プロセスに直接関与する必要がないため、ODMタブレットを介して走行が開始される。運転席は空席のまま、目的地の住所が事前にスマートフォン・アプリによって車両に送信される。

 

車両には安全機構が組み込まれているため、乗員全員がシートベルトを締めた場合にのみ走行が始まる。乗員は、車内で自分の好きなように時間を過ごすことができる。一つの選択肢は、単純にエンターテイメント・システムを楽しむことだ。車両機能も同様にして制御することができる。実演目的で組み込まれている典型的な機能が、ホーン、パッシング、ドアのロックとロック解除である。目的地に到着して乗員が降車すると、車は自動的に駐車場に入る。

 

BMWグループは、市街地での安全運転を保証するために、機械学習機能を備えた環境認識テクノロジーの開発に巨額の投資を行っている。コンピューター・ビジョンなどの高性能センサー・テクノロジーと、革新的なセンサー・フュージョン方式の両方が使用される。これらのテクノロジーは、顧客のドライバー・アシスタンス・システムのメリットを最大限に引き出す。

 

次の段階のドライバー・アシスタンス:レベル2機能の簡単な紹介

BMWグループは、自動運転テクノロジーに加え、最新世代のレベル2ドライバー・アシスタンス・システムも提供する。今日のドライバー・アシスタンス機能は、強力なレーダー・センサーを使用し、前方車両までの距離を安全かつ便利に制御する。GPSセンサーと地図データを使用して、市街地でのコーナリングと走行のスピードを、先を見越して調整する。

 

#NEXTGenには、次の段階のドライバー・アシスタンスが展示されている:カメラセンサー、機械学習、および強力なバックエンドは、制限速度標識の検出だけでなく信号機の読み取りにも使用され、さらに先を見越して便利に速度を制御することができる。

 

歴史とマイルストーン:2006年以来の自動運転

近年、BMWグループは、部分または完全自動運転について、自律走行に必要な基本的要素を繰り返し実証してきた。2006年にはすでにホッケンハイムリンクの理想的なサーキットを、BMW 3シリーズの自動運転車で周回した。レベル3の試験車両は、2011年半ばからドイツのA9高速道路を走行している。

 

2014年には、BMWの自動運転プロトタイプが初めてラスベガス・スピードウェイでドリフト走行を行い、パフォーマンスの限界領域で走行することも可能であることを証明した。2017年にラスベガスで開催されたCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)では、条件付き自動化、コネクテッドおよびカスタマイズされたBMW 5シリーズ セダンによってレベル3のデモ走行を行った。さらに同年、条件付きで高度に自動化された40台のBMW 7シリーズの試験車両が、ドイツ、米国、イスラエルで発売された。

 

BMWグループは、2018年、ミュンヘン郊外のウンターシュライスハイムに自動運転キャンパスをオープンし、今年の3月には、BMWグループ・ハイパフォーマンスD3プラットフォームを稼働させた。このデータ駆動型の開発センターは、230ペタバイトの記憶容量と100,000コアおよび200GPUを超える処理能力を兼ね備える。

 

2014年にHEREを買収し、Intel、Mobileye(2016年以降参加)および他のパートナー企業との共同事業の結果として、BMW iNext量産のための開発を進めてきた。

 

BMW iNEXTは、2021年に、BMWグループ初の高速道路の安全レベル3機能を備える。BMWグループとパートナー企業は、現在は主に新しいBMWグループ自動運転キャンパスに取り組んでおり、安全で安定した高度な完全自動運転の実現に向けて、拡張可能なテクノロジー・プラットフォームを構築するために協力している。

Article Offline Attachments.

Article Media Material.

My.PressClub Login

Add your filter tags.

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
Fact & Figures
Updates
Top-Topic
Submit filter
Clear all
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
Login