サポートが必要ですか? ご不明な点がございましたら、こちらから support.pressclub@bmwgroup.com 弊社サポートチームまでお問い合わせください。

PressClub Japan · 記事.

BMW 4シリーズが、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、栄えある10ベスト・カーに選出

BMW 4シリーズが、一般社団法人「日本カー・オブ・ザ・イヤー」実行委員会(実行委員長: 清水謙一)主催の2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、並みいる強豪をおさえ、栄えある10ベスト・カーに選出された。

4 シリーズ
 

プレスコンタクト

BMW PR
BMW グループ

電話番号: 0120-269-437

メールを送る

ダウンロード

  
添付資料(1x, 145.98 KB)
  
画像(1x, 10.41 MB)

BMWグループからの10ベスト・カーの選出は12年連続

 

BMW 4シリーズが、一般社団法人「日本カー・オブ・ザ・イヤー」実行委員会(実行委員長: 清水謙一)主催の2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、並みいる強豪をおさえ、栄えある10ベスト・カーに選出された。

 

2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーは、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売された多くの国産車、輸入車が選考対象となるが、BMW 4シリーズは一次選考において、上位10モデルとなる10ベスト・カーの栄冠に輝いた。

 

BMWグループにおいては、9年前の2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、BMW 3シリーズが輸入車の頂点となるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いており、また、6年前の2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいても、BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラーが、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。

さらに、一昨年の2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいては、最新モデルのBMW 3シリーズ セダンが輸入車の頂点となるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。

 

さらに、7年前にはBMW i3がイノベーション部門賞(現: テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー)に、5年前にはBMW M2がエモーショナル部門賞(現: パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー)に、3年前にはBMW X2がエモーショナル部門賞(現: パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー)に輝いており、BMWグループの製品は、過去12年の内、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを含め、メジャーな賞を6つも受賞している。

 

BMWグループにおける過去12年の10ベスト・カー受賞歴

  • 2010-2011日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 5シリーズ
  • 2011-2012日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 1シリーズ
  • 2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 3シリーズ
  • 2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー:                MINIペースマン
  • 2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW i3
  • 2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー/
                                                                                                  グラン ツアラー
  • 2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW M2クーペ
  • 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 5シリーズ
  • 2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW X2
  • 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 3シリーズ セダン
  • 2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 2シリーズ グラン クーペ
  • 2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 4シリーズ

 

 

BMWグループにおける過去12年の受賞歴

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー

  • 2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 3シリーズ
  • 2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー/
                                                                                                  グラン ツアラー
  • 2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW 3シリーズ セダン

 

イノベーション部門賞(現: テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー)

  • 2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW i3

 

エモーショナル部門賞(現: パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー)

  • 2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW M2クーペ
  • 2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー:                BMW X2

 

 

日本カー・オブ・ザ・イヤーについて

「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、日本のモータリゼーションの発展とコンシューマーへの最新モデルおよび最新技術の周知を目的として、1980年に創設された。

現在、一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤーが構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会により運営されている。

 

選考対象となるクルマは、前年の11月1日より当年の10月31日までに日本国内において発表された乗用車で、60名を上限とした選考委員の投票によって決定される。

また、その年を代表するクルマとなる「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車だった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマに「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられる。

 

さらに4つの部門賞、「デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」、「パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」、「K CARオブ・ザ・イヤー」が設けられている。

 

1980年の創設以来「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、文字どおり日本を代表する“クルマの賞典”として、世界からも高く評価されている。

記事のオフライン添付ファイル

記事のメディア素材

My.PressClub ログイン
 

BMW Group ストリーミング

LAS VEGAS CES 2022.

Here you can see our webcast with the press conference and the innovation highlights.

Open Streaming Page

フィルタータグを追加

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
企業情報&データ
更新情報
トップトピック
フィルターを送信
すべてクリア
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
ログイン