サポートが必要ですか? ご不明な点がございましたら、こちらから support.pressclub@bmwgroup.com 弊社サポートチームまでお問い合わせください。

PressClub Japan · 記事.

BMWグループとサムスンSDIが協力関係を拡大 今後のバッテリー・セルの供給に関する覚書に調印

BMWグループとサムスンSDIは、電気自動車用バッテリー・セルの供給に関して協力関係を拡大していく意向である。

財務、データ
·
未来のモビリティ
 

プレスコンタクト

BMW PR
BMW グループ

電話番号: 0120-269-437

メールを送る

ダウンロード

  
添付資料(1x, ~200.02 KB)
  
画像(4x, ~5.25 MB)
Photos are now available!

ソウル発:

BMWグループとサムスンSDIは、電気自動車用バッテリー・セルの供給に関して協力関係を拡大していく意向である。両企業は7月14日、ソウルで本件に関する覚書に調印した。サムスンSDIはBMWグループに今後数年にわたり、BMW i3とBMW i8ならびにこれから追加されるハイブリッド・モデル向けのバッテリー・セルを供給する。合意内容の中で最も重要な事項は、電気自動車の需要増に対応するための供給量の中期的な増加とバッテリー・セルの技術的な継続開発である。

 

BMW AG購買&サプライヤー・ネットワーク担当上級副社長のクラウス・ドレーガーは、「サムスンSDIとの協力関係は、革新技術分野における韓国とドイツの共同作業の成功例です。バッテリーは電気自動車の中核部品であり、自動車の航続距離と性能を大きく左右します。当社は、最高の技術と韓国の未来志向のバッテリー・ノウハウを提供するサムスンSDIを供給業者に選定しました。」と、述べている。

 

サムスンSDI CEO、パク・サンジン社長は、「サムスンSDIがBMW i3とi8の成功をサポートしていることを非常に誇らしく思います。BMW iモデルへのサムスンSDI製リチウムイオン・バッテリー・セルの供給が決定したのは2009年でしたが、これは両社にとって正しい判断でした。これから追加されるBMW車両にもサムスンSDIのバッテリー・セルが搭載される予定です。BMWグループと交わした今回の覚書は、サムスンSDIの次世代技術と効率的な量産能力に対する信頼を示しています。どちらの企業も、強化された協力関係によってこの分野での技術優位性が約束されると確信しています。」 と、述べている。

 

2009年から続いているサムスンSDIとの協力関係を通じて、BMWグループは最先端のリチウムイオン・バッテリー技術を駆使してきた。今回の決定では、サムスンSDIがすでに製品開発段階から、リチウムイオン・バッテリー・セルの環境にやさしい製造と後の材料再生について配慮している点も重要な要因となった。

 

BMW i3とBMW i8向け、そして今後追加されるハイブリッド車向けの高電圧バッテリー一式は、BMWディンゴルフィン工場の最先端の組立ラインで製造される。他社から調達している部品はセルのみで、その他の高電圧バッテリー部品の開発と生産はBMWが完全に自社で行っており、同じく自社開発のBMW ActiveHybrid 3と5ならびにBMW ActiveEなどのバッテリーの経験に基づき、さらなる最適化を行うことができた。

 

サムスンSDIとの協力関係の延長は、電動化推進に向けたBMWグループの戦略を浮き彫りにしている。また、パートナーシップの継続はBMW iのこれまでの成功を裏付けるものでもあり、顧客からのBMW i3に対する需要も引き続き高い水準を維持している。2014年上半期にBMWグループはすでに約5,400台のBMW i3を販売した。

 

6月には世界の主要市場でBMW i8の納車が開始した。その需要は、現在の滑り出しの段階ですでに、計画された生産量を大幅に上回っている。

 

サムスンSDIとのパートナーシップ以外でも、韓国はBMWグループにとって重要な供給市場である。そのため、BMWは2009年、韓国に部品調達事務所を開設した。2014年、この市場での購買額は前年を大きく上回り3億ユーロを超える見込みであり、今後数年にわたり部品調達はさらに増えるものと予想される。BMWグループは、韓国の供給業者20社から部品を調達している。特に革新的なIT技術のため、韓国は将来的にBMWグループにとって最も重要な購買市場のひとつになるとみられる。

 

1995年にBMWグループは韓国に子会社を設立し、1998年のロジスティック&トレーニング・センターの開設により韓国への関与はさらに深まった。BMW Financial Servicesは2001年より韓国で活動を続けている。BMWグループは2014年7月14日、仁川空港の近くに現時点で世界唯一となる複合型のブランド&ドライビング・エクスペリエンス・センターをオープンする。2013年、BMWグループは韓国のプレミアム・セグメントにおいて6年連続でマーケット・リーダーの座を獲得した。BMWとMINIの販売台数は合計3万9,367台で、2012年と比べ13.4%の伸びを示した。また、BMWモーターサイクルの販売台数は1,328台に上った(+27.6%)。2014年上半期の販売台数は2万1,972台(前年比 +19.3%)であった。BMW韓国では総勢230名の従業員が働いている。

記事のオフライン添付ファイル

記事のメディア素材

My.PressClub ログイン
 

BMW Group ストリーミング

IAA MOBILITY 2021.

Here you can see our on demand webcasts from the IAA Mobility 2021, with the BMW Group Keynote, the Analyst and Investor Evening Event and the discussion forum "The car as the engine of the circular economy?".

Open Streaming Page

フィルタータグを追加

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
企業情報&データ
更新情報
トップトピック
フィルターを送信
すべてクリア
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
ログイン