サポートが必要ですか? ご不明な点がございましたら、こちらから support.pressclub@bmwgroup.com 弊社サポートチームまでお問い合わせください。

PressClub Japan · 記事.

The new BMW M 1000 RR.

本プレスキットの内容は、ドイツ国内市場向け(2020年9月時点)の仕様を基準として記載されており、その他の市場においては仕様、標準装備品、オプション設定などが異なる場合もあります。本プレスキットでは、車体寸法、エンジン出力などはBMW AG発表のデータとなるため、日本仕様とは異なる場合があります。なお、仕様は随時変更される可能性がありますので予めご了承ください

M シリーズ
·
M 1000 RR
 

プレスコンタクト

BMW PR
BMW グループ

電話番号: 0120-269-437

メールを送る

ダウンロード

  
添付資料(1x, ~1.85 MB)
  
画像(64x, ~472.75 MB)
  More below article text

M RRは、BMW Motorrad初のMモデルです。現行のS 1000 RRをベースとしたM 1000 RRは、徹頭徹尾、カスタマー・スポーツからWSBKまでのモーター・スポーツの要件に対応できるような製品内容となっています。これは、2021年以降、はっきりとラップ・タイムとして計測できるようになるでしょう。」(SおよびKモデル・シリーズ責任者、ルディ・シュナイダー)

新型BMW M RR: モーター・スポーツと公道での最高のパフォーマンス要件に向けた、純粋なレーシング・テクノロジー

BMW Motorradでは、すでに2018年末にモーターサイクル向けにM車両提供戦略を導入して成功を収め、それ以来、Mオプション装備品とMパフォーマンス・パーツを提供してきました。現在ワールド・プレミアを飾ろうとしている新型BMW M 1000 RR(以下、単に「M RR」と呼ぶ)は、S 1000 RR(以下、単に「RR」と呼ぶ)をベースとしたBMW Motorrad初のMモデルです。BMW Motorradでは、世界最強の文字「M」の理念を追求しています。「M」は世界的なレーシングにおける成功を表わすとともに、ハイパフォーマンスBMWモデルの魅力をも表わしており、性能、高級感、個性に関して特に高い要求を抱く顧客に向けられています。

エンジン出力156kW(212ps)、DIN車両重量わずか192kg、サーキットで最高のパフォーマンスを発揮できるように設計されたサスペンションとエアロダイナミクスを備えた新型M RRは、スーパーバイクのトップ・セグメントにおける主要な期待に応えます。

 

レーシング・スポーツ向けにRRエンジンをベースとしたM RRの4気筒エンジン。さらなる最高出力とエンジン最高回転数の上昇

新型M RRに搭載されている水冷式4気筒直列エンジンは、RRのパワートレインをベースとし、レーシング・スポーツ・エンジンに適したように徹底的に変更を加えた可変バルブ・タイミングとバルブ・リフトのBMW ShiftCamテクノロジーを採用しています。最高出力は156kW(212ps)/14,500rpm、最大トルクは113Nm/11,000rpmに達します。M RRのエンジンは最高回転数が15,100rpmに上昇したほか、技術的に徹底的に最適化されました。例えば、新しいマーレ社製の2リング鍛造ピストン、燃焼室の変更、13.5に上昇した圧縮比、さらに長く軽くなったパンクル社製のチタン製コネクティング・ロッド、さらにスリムに軽くなったロッカー・アーム、新しいダクト形状の完全機械加工したインテーク・ポート、最適化したカムシャフトとインテーク・エリアなどです。軽量エグゾースト・システムもチタン製となっています。新型M RRのエンジンは、サーキットでのドライビング・ダイナミクスに特に関係のある6,000rpm~15,100rpmの回転域において、RRのパワートレインよりもさらにパワフルになっています。それと同時に、田舎道でのスポーティな走りのための魅力的なパワー源としての長所も兼ね備えています。

 

Mウイングレットと高いフロント・ウインドウ: 空力的なダウンフォースにより、減速は遅めに、加速は早めに作用し、最高速度が低下することは一切なし

M RRの開発作業において、技術仕様の決定的なポイントとなったのは、エアロダイナミクスでした。レースで優勝するために必要不可欠な最高速度を可能な限り高くすることに加え、M RRの技術仕様には、もう一つの目標がありました。それは、特に加速時のホイールと路面との接触を可能な限り最高にすることでした。これを踏まえ、サーキットとBMWグループの風洞での徹底的なテストを通じて、フロント・トリムのクリア・コート・カーボン製Mウイングレットが開発されました。このMウイングレットは、速度に応じて空力的なダウンフォースを生成し、ホイール・ロードを増大させます。フロント・ホイールのホイール・ロードの増大によって、ウィリーの傾きが相殺され、トラクション・コントロールの制御が減り、さらに多くの駆動力が加速に変換され、ラップ・タイムの短縮が可能になります。ウイングレットの効果は、カーブやブレーキング時にも顕著です。ダウンフォースによって遅めのブレーキングが可能になり、コーナリング安定性が向上します。

 

サーキットでの使用向けにジオメトリーを変更して調整したシャシー・デザイン、最適化されたホイール荷重配分、スイングアームのピボット・ポイントの調整能力の拡大

新型M RRのシャシーは、RRをベースとし、センターピースにアルミニウム製ブリッジ・フレームを採用しています。倒立フォークは最適化され、セントラル・スプリング・ストラットはブルーのスプリングとフルフローター・プロ・キネマティクスを組み込んで見直しが加えられています。シャシー・デザインの主要な目標は、サーキットでのラップ・タイムを可能な限り短縮することでした。したがって、M RRのシャシーは、妥協なくサーキット向けに設計されていますが、田舎道向けの品質にも説得力があります。動力性能の最適化、ブレーキングとアンチ・スクワット制御、ライダーによる前後ホイールの最大限の知覚可能性に関しても、細心の注意を払いました。

 

BMW Motorradでは初めてMブレーキと、Mカーボン・ホイールを標準装備

新型M RRは、BMW M GmbHのM車両と同様のMブレーキが装着された初のBMWのモーターサイクルです。スーパーバイク世界選手権でのBMW Motorradのカンパニー・レーシング・マシンのレーシング・ブレーキの経験を直接もとにして開発され、最大限のフェード安定性と制御性を発揮します。外観的には、Mブレーキ・キャリパーは陽極酸化処理でブルーにコーティングされ、Mロゴが備わっています。Mカーボン・ホイールを装着した新型M RRは、サーキットでも公道でも最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、さらなるハイテク・コンポーネントが組み込まれています。

 

完璧な視認性の6.5インチTFTディスプレイを備えたメーター・パネルと、M GPSデータ・ロガーおよびM GPSラップトリガー向けのアクティベーション・コードで使用可能なOBDインターフェース

新型M RRのメーター・パネルはRRと同じベーシック・デザインで、Mスタート・アニメーションが備わります。オプション装備品の一環として、アクティベーション・コード(Mコンペティション・パッケージの一部)を使用すると、メーター・パネルのOBDインターフェースを通じて、M GPSラップトリガーとM GPSデータ・ロガー(BMW Motorrad純正アクセサリー)を使用するための網羅的なデータ材料が得られます。

 

レーシングのために生まれついたようなMデザインとM RRのダイナミックなスタイルは、サーキットでの究極のパフォーマンスを表現

新型M RRは、レーシングの遺伝子を強調するために、明るいホワイトのソリッド・ペイント/Mスポーツのカラー・スキーム(ベーシック・カラーのライト・ブルー、ダーク・ブルー、レッド)が採用されています。M RRのその他の特徴としては、グラニット・グレーのエンジン・カバーとブラック塗装のフューエル・フィラー・キャップがあります。

 

デザインもテクノロジーも妥協なく。Mコンペティション・パッケージを装着したM RR

スタンダード・トリムの新型M RRではまだ満足できない、レーシング・テクノロジーの愛好家兼審美家のために、上品なコンポーネントを魅力的に組み合わせたMコンペティション・パッケージが用意されています。Mコンペティション・パッケージには、M GPSラップトリガー・ソフトウェアとそれに対応するアクティベーション・コードに加え、M切削パーツ・パッケージ、Mカーボン・パッケージ、220g軽くなったシルバーのスイングアーム、摩擦を最適化したメンテナンス・フリーのDLCコーティングMエンデュランス・チェーン、テール・ハンプ・カバーを含むパッセンジャー・パッケージも含まれます。

 

 

詳細は添付のプレスキットをご覧ください。


ショート・バージョン ....................................................................  2

ハイライト ......................................................................................  5

記事のオフライン添付ファイル

記事のメディア素材

My.PressClub ログイン
 

BMW Group ストリーミング

IAA MOBILITY 2021.

Here you can see our on demand webcasts from the IAA Mobility 2021, with the BMW Group Keynote, the Analyst and Investor Evening Event and the discussion forum "The car as the engine of the circular economy?".

Open Streaming Page

フィルタータグを追加

プレスリリース
プレスキット
スピーチ
企業情報&データ
更新情報
トップトピック
フィルターを送信
すべてクリア
 
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
 
ログイン